Web Analytics Made Easy - Statcounter

クルマ大学

理論派ドライバーの自動車日記

【S660】自分でSilkBrazeウイング取り付けDIY

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

過去所有のお車、S660の記事になります。名車S660も去年販売が終了し需要があるかはわからない記事になりますが、もし知りたい!って言う人向けに記載しておきます。装着したウイングは、Silk Braze ver2というダックテールではなく、大型のウイングになります。S660もやはりスポーツカー、やはりウイングが似合わないわけがないんですよね。

 

S660の外観

f:id:rakushaking:20220125102011j:image

こんな感じ。この写真ではわかりませんね笑 後述の写真をご参照ください。

装着編

マーキング

f:id:rakushaking:20220124121617j:image

ウイングの付属物として当て紙が付いているので、油性ペンで穴あけ箇所をマーキングします。これは他のウイング取り付け時と同様のやり方です。ある程度テキトーで大丈夫です。

下穴開け

f:id:rakushaking:20220124121625j:image

ポンチでドリルで穴あけする箇所を凹ませた後、1mm→3mm→5mmといったように下穴をあけた後に、少しづつ大きくしていきます。s660のボンネットは鉄製なので、ある程度硬めのビットを購入するのがオススメです。

穴あけ時のポイント

少しづつ穴を広げていくのが失敗しないコツ。(Hな話ではありません)

ボンネット裏の大穴開け

f:id:rakushaking:20220124121651j:image

ボンネット裏の裏骨が結構しっかりしているので、ボンネットの真ん中ら辺の二重になっている箇所は、ホールソーで穴あけしてあげる必要があります。工具は必要になりますが、この作業自体はかなり簡単です。

こちらのような超硬工具があると安心です。特殊な工具でホームセンターではあまり見かけないので、Amazonや通販での購入がオススメです

後はボルトで装着

f:id:rakushaking:20220124121703j:image

ボンネットフード開けた時がカッコよくなります。装着は2人でやった方が絶対に楽です。意外に羽が重いのですよ(笑) フィッティングに関しては意外に精度がいいので加工不要です。また、開け方が完全にスーパーカーみたいですよね。サイズ的にはチョロQですが笑

シビックタイプRのようなウイング

f:id:rakushaking:20220124121715j:image

うん、いい感じ。

f:id:rakushaking:20220124121723j:image

手が入るほど大きいですよ!

完成図

斜め前から

f:id:rakushaking:20220125101931j:image

ウイングを装着するだけで車全体が大きく見えるようになります。軽自動車感がますますなくなります。ちなみに、このウイングは車検対応でディーラーへの入庫もOKなので、社外ウイングとしてはかなりお勧めです。

後ろから

f:id:rakushaking:20220125102025j:image

ケツの締まりも良くなりますので、バックショットが決まります。カックいいです。あまり他の人とかぶらないのもイイですね。

価格

 

この手のウイングにしては価格もかなりお手頃ですよ。MUGENのウイングはとても高いですしね。塗分け塗装品も売っていますが、メタリック塗装に対応していません。オススメは購入後は移送先を板金屋とかにするのがいいですね。また、似たようなウイングでノブレッセもありますが、あちらは取り付けが特殊なので、DIYでやるなら間違いなくシルクブレイズがオススメです。

ロードスター用のウイング取り付けに関してはまた今度記載します!では!

あわせて読みたい

rakushaking.hatenablog.com

↓モチベ向上のために一日一回応援をお願いします!!! にほんブログ村のランキングポイントになります(※変な場所には飛ばされませんので安心してください!)

にほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 車ブログ スポーツカーへにほんブログ村 車ブログ オープンカーへ